自己破産の通帳提出ナビ ※注意点、用途は?

自己破産手続きの通帳提出ナビ ※注意点、用途は?

自己破産を申し立てる際には様々な書類が必要になります。
破産申立人の銀行口座の通帳もそのひとつです。

銀行口座の通帳を見るといろいろなことが分かります。
お金の動きの日時から、財産の隠匿行為がなかったかどうか、逆に特定の債権者だけに送金がなされていないかどうか、などを丁寧に調べます。
保険会社への支払いがあれば、保険に入っていることが分かりますし、それが自動車保険であれば車を持っていることも分かります。
もちろん出どころ不明のお金に関してはそれをもとに質問されることもあります。
そういったところからギャンブルに熱中していた、などということまでバレてしまうのです。

この通帳は、過去2年分の入出金についてのコピーを提出しなければいけません。
ここで注意したいことは、記帳を長期間行っていない場合、未記帳合算として記帳が省略されてしまう場合があることです。
こうなってしまうと入出金の詳細について、明細を銀行に請求して作ってもらう必要があります。
この明細の入手には、場合によっては一月以上かかることもあるため、裁判所への提出書類の中でも最優先に準備にかからなければならないものになっています。
自己破産の申し立てをすると決めたら、真っ先に通帳をチェックし、必要であれば銀行に明細の発行をお願いしましょう。

関連ページ

自己破産の必要書類ナビ ※申立時の提出書類は?
自己破産の必要書類のナビページです。自己破産の申立時に必要な提出書類はどのようなものがあるでしょうか?手続前に必ずご確認ください。
自己破産にはどのぐらいの期間が必要?
自己破産は借金を免除する方法となりますので成立までには長い期間が掛かりますが、個人で行う場合と弁護士に依頼した場合とでは異なってくると言えます。専門家に任せた方が早く成立しますが、一般的には早くても3ヶ月、平均的な線では6ヶ月程度かかってしまいます。もちろんケ
自己破産出来ないと言われた…どうすればいい?
自己破産とは、裁判所によって免責を認められる手続きです。これにより、税の支払いなど一定のもの以外の債務から免責されます。では、自己破産しても出来ない場合はあるのでしょうか。あるとすればその理由はどんなものでしょうか。 自己破産とは、裁判所によって免責を許可され
自己破産か個人再生か迷ったら読むページ
消費者金融業者などから多額の融資を受けてしまったために、支払いが難しくなってしまう人が日本には数百万人いると言われています。 返済ができない借金を背負ってしまったときには、法律的な手段を使って解決方法を模索することをおすすめします。 法律的な借金解決方法として
差し押さえられたら自己破産するしかないのか?
多額の借金を抱えてしまい、返済することができない場合に利用する自己破産ですが、一般的に悪いイメージが先行されがちになっているのも事実です。 しかし自己破産を利用したほとんどの人は自己破産をしてよかったと思っている人が多いのも事実なのです。 人生を悪い方向へ進め
自己破産を考えている主婦のためのページ
仕事を持たれている主婦や専業主婦が、返済が不可能な金額の債務を抱えてしまい、一人で悩んでいる方が増えています。 仕事を持っていない専業主婦の場合でも、弁護士に依頼して正式な自己破産の手続きをすることで、借金を帳消しにすることができます。 自己破産をすると、99