親の自己破産ナビ ※親が自己破産した時の影響は?

親の自己破産ナビ ※親が自己破産した時の影響は?

例えば自分の親が自己破産した時、親子関係などは関係なく、原則的にその影響を子供などの家族が被ることはありません。
しかし、そこで気になるのは仮に親が自己破産破産した時に、子供にかけていた学資保険があった時はどうすれば良いでしょうか。
仮に親子であったとしても財産はそれぞれの名義になるので、子供名義の学資保険や貯蓄は親の物にはなりません。
ただ自己破産が適用になれば話が違い、財産名義ではなく、その学資保険の費用を捻出している人の名義として判断されるのです。
仮に子供名義の学資保険であったとしても、その保険費用を支払っていたのが破産者の場合は、残念ながら破産者所有の財産対象とされ、既に返戻金が20万円に達している学資保険は債権者へ強制分配する債務に充てられてしまいます。
子供だけでなく配偶者も同じ扱いになり、基本的に破産者本人が費用を負担していた各種保険や口座預金がある場合は、全て破産者本人の財産になります。
たまに自己破産で大幅な資産カットを恐れるあまりに、他人名義の口座に預金したり、現金を隠蔽している人の話を聞きます。
しかし、この事実は後で必ず明るみになりますから、自己破産が一度で無効になる理由にもなるので、決してその様な事をしてはいけません。
従って子供の学資保険を組む場合は、途中で毎月の支払能力だけは失う事のないよう、予め親の収入に応じた無理のないプラン選びをする事が必要です。

関連ページ

自己破産後の借り入れは?
自己破産後の借入についての解説ページです。自己破産をしたら、その後は借り入れはできないのでしょうか?一定期間が経てばできるのでしょうか?気になる方はご覧ください。
自己破産後のローンを徹底調査! ※住宅ローンや自動車ローンは?
自己破産後のローンに関する解説ページです。自己破産をしたら、その後ローンを組むことはできるのでしょうか?ローンを組めないとなると住宅や自動車の購入は厳しい?いつになったら組めるのでしょうか?
自己破産後はいつからカード発行可能?
自己破産後のクレジットカード発行に関して解説します。自己破産後はいつからクレジットカードを発行することができるのでしょうか?もしかして一生できない?気になる方はご覧ください。
自己破産後の学資保険ナビ ※解約せずに自己破産する条件は?
自己破産後の学資保険に関するナビページです。学資保険を解約せずに自己破産をする条件とは?
自己破産と官報への掲載ナビ ※官報に載って周りにバレるか心配…
自己破産を官報への掲載に関するナビページです。周りにバレないように自己破産をしたいけれど、官報に掲載されたらバレてしまうかもしれない…と不安なあなたはぜひご覧ください。
自己破産と配偶者への影響ナビ ※大切な人に迷惑がかかってしまう?
自己破産と配偶者への影響のナビページです。自己破産をしようと考えている時に心配なのが配偶者など家族への影響でしょう。影響が出たり迷惑がかかったりしてしまうのかどうか検証します。
奨学金と自己破産ナビ ※返済できなくなったら
奨学金と自己破産に関するナビページです。奨学金が返済できないという理由で自己破産をすることは可能なのでしょうか?その際、返済義務は完全になくなるのでしょうか?
自己破産後の後悔※する前に必読
自己破産をすると、これまで積み重なった膨大な借金が帳消しになります。 例え一生かかっても返済できないような借金でも、支払い義務はなくなるのです。 どれだけ借金をしても返済しなくて良くなるのは、夢のような方法かもしれません。 そのため、「どうしようもなくなったら
自己破産の体験談※生の声を掲載!
気軽な気持ちでキャッシングをしてしまい、審査もほとんどなく即日に融資ができるなどのサービスが魅力的だったので、給料日前にお金が必要になり借り入れをしました。 10万円の借り入れを行ったのですが、給料日の月には色々と出費が重なってしまい、借金を少ししか返せる範囲
自己破産後は携帯電話を買うのに苦労する?
自己破産をする場合、贅沢品は処分の対象になる場合があります。たとえば、売れば数百万円にもなるような宝石を持ったまま自己破産することは出来ません。もし、破産するのであれば、そういった高価な宝石は破産管財人によって現金化され、債権者に分配されます。 では、携帯電話
自己破産の失敗談※成功のために
借金に困って返済できなくなった場合には、自己破産をすることで借金を返済しなくて済むと思っている人も少なくありません。しかし、自己破産は誰でも出来るわけではなく、様々な条件があります。また、自己破産の認定を受けてもその後の生活態度の中では自己破産が取り消され、債
2回目の自己破産の可能性・注意点って?
借金の支払い義務がなくなる自己破産は、階数に制限がありません。 つまり、1回借金をして自己破産をした人でも、また借金をして手続きをすれば、また借金の支払い義務から逃れられることができます。 階数は制限されていないので、2回目、3回目と、延々と無制限に繰り返すこ