自己破産の時効とは何?※時効の援用と時効期間

自己破産の時効とは何?※時効の援用と時効期間

借金にも時効があります。貸金業者からの借金の場合には、期限の利益損失から5年以上経っていると、時効になっている可能性があります。
期限の利益には、支払期日前の請求に対しては拒否することが出来る、保証人への請求から保証人を保護することが出来る、分割での支払いを求めることが出来るなどがあります。しかし約定期日に返済しない、契約条項に反している、契約内容に虚偽がありそれによって契約できた、契約内容の信用性に著しく影響するような変更があったといった場合には、その利益が損失してしまいます。利益が損失したことを受けて、債権者側は債務者や保証人に対して請求を行うことができます。ここから5年以上経過していれば、時効が成立かもしれないのです。
もし時効が成立するような借金が原因で、それを知らずに自己破産という選択を行うならば、大変不利益です。自己破産は借金苦を抱えている人が、最終最後に選択する方法です。デメリットはないとよく言われていますが、実際はそれなりに不利益があります。借金苦とそのデメリットを照らし合わせて、メリットのほうが大きいと判断しているだけの話です。選択しないのであれば、それが一番本人にとって有益であるのは間違いありません。もし放置してる借金があれば、自己破産の前に利益の損失から何年経過しているのかを調べるべきでしょう。
時効は自動的に成立するものではなく、時効の援用があって初めて返済義務が消滅します。途中、債務名義が作成されていれば、時効成立は10年になります。自己判断は避け、専門家への相談を行うことが賢明です。

関連ページ

内緒で自己破産できる?※家族・会社・友人
ご主人の収入面に限界があったり、家計のやりくりが苦しいなどの事情によって、ご主人や家族に内緒で消費者金融業者などから借入れを行っている主婦の方もいらっしゃるでしょう。 金融業者から融資を受けると、すぐに返済ができないときには、どんどんと借金の金額が増えてしまう
自己破産のデメリットとは?
自己破産のデメリットに関する解説ページです。自己破産をするとどんなリスクがあるのでしょうか?デメリットやリスクだけで、メリットはないのでしょうか?