自己破産の着手金の料金とは?※比較してみた

自己破産の着手金の料金とは?

自己破産を行う時、弁護士に依頼する場合には、着手金が必要となってきます。
ただし、すぐにお金を用意できない方もいますので、この場合には着手金がいらない方法について考えてみるとよいでしょう。
まず、自己破産を行う時でも着手金が払えないときには、過払い金に注目してみるとよいです。
既に長い期間にわたって借金の返済をおこなっている方は、法的に決められている以上の利息を払っている可能性が高く、過払い金返還を行うことにより、払い過ぎたお金を返済してもらえるようになるのです。
過払い金返還を求めることにより、帰ってきたお金を自己破産の着手金として当てることができますので、金銭的な余裕がない方であっても問題なく手続きを行えるようになってきます。
また、過払い金が発生していないときで着手金を払うことが難しい時には、支援センターに相談することで、着手金を立て替えてもらうことが可能です。
支援センターに相談することにより、今現在金銭的な余力がない方でも、代わりに必要なお金を立て替えてもらうことができるのですが、後から分割でその時のお金を払うことができますので、毎月無理のない形で返済することができます。
どうしても、着手金を用意できない場合には、支援センターに相談することで、信頼に足りる弁護士に自己破産をお願いしながら、金銭的に抱えている問題も解消することができるでしょう。
手続きをおこなうときには、様々な方法をとることでお金に関しての負担もなくなってきます。